スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日経新春杯【2007】 感想 

日経新春杯 GⅡ 京都芝2400m

1着 トウカイワイルド
2着 トウカイエリート
3着 ダークメッセージ

4着 メイショウオウテ
6着 アドマイヤフジ
8着 オースミグラスワン

予想はしなかったけど、感想ということで、なるべくまとめていこうと思います。

日経新春杯07結果


上は日経新春杯【2007】の結果です。これを参考にしつつ反省を加え、来年への課題を探りたいと思います。

参考までに昨年まとめたローテ分析はこちら

先ず1、2着のトウカイ勢ですが、長めの距離好走後で先行脚質という点で2頭共ローテクリアでした。そして3着のダークメッセージも下級と捉えると、好走ステップの長め中心先行脚質ということで、3頭ともローテクリアした鮮度持ちの格上げ馬でした。こんなにキレイに格上げ3頭で決まるのも珍しいとは思うものの…買ってれば取ってたかも。。

1人気のアドマイヤフジは当日5人気以内ということで一応人気縛りではローテクリアなものの、唯一連をはずしたトウカイオーザがそうだったように、後ろからの競馬という点のみリスクを負っていたという感じです。昨年がリズムがいい場面から1着だったことを考えても少し危険な感じ。今後も押し出される形での追い込み人気馬は疑ってかかった方が良さそう。

2人気のメイショウオウテと3人気のオースミグラスワンは共に危険な人気馬。GⅢステップでの凡走巻き返しはマーブルチーフの2例だけ+好走ステップでも前走4人気以内という結構強い縛りがつくので、よほど巻き返しの常連で無ければ凡走馬の巻き返しは期待し辛いことを現した感じです。

基本的にリズムが重要なレースだと思うので、今回のように上位層が危うい時は下級でも走れることがわかったのが収穫でした。そして凡走ステップGⅢ組が崩れたのも収穫。来年は今年みたいにキレイに決まることは無いとは思いますが、狙い所ははっきりしているレースなので、確実に取りたいところです。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/01/16 01:19 ] 感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/202-1263bb60






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。