スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都金杯【2007】 結果と言い分け的回顧 

京都金杯 GⅢ ハンデ 京都芝1600m

1着 ▲マイネルスケルツィ
2着 …エイシンドーバー
3着 …サクラメガワンダー

4着 ◎マルカシェンク
5着 △スズカフェニックス
6着 △キンシャサノキセキ

8着 ○ホッコーソレソレー

2年連続、行った馬がそのまま押し切るという内容。◎マルカシェンクあれだけ後ろから良く4着まで追い込んだ。もう少し中団から進める想定だったが福永戻って来い。

【ローテ面での課題】

先ず阪神Cから。5頭中2頭がバウンド延長でリズム崩していない方が圏内という分かり易い構造でした。来年もこんな感じでいいのではないでしょうか。特に先行出来るタイプは要注意です。個体的にはタマモの位置取りが驚きました。この後短縮で差し回る位置取り濃厚で期待出来るのではないでしょうか。

2着のエイシンドーバーは昨年が絶好だっただけに今年は無印に。ただ昨年と同様に3キロ減で過去圏内馬ローテと同じだったし、昨年は5人気1着後というローテだったのに対して今年は3人気1着後+叩き2戦目ということで疲労は相対的に今年の方が少なかったハズ。好走ステップで圏内入りしたのは多分ここ6年で初だと思うので、その辺もう少し調べてみたい。

3着のサクラは特に消し要素が無く、速い流れに戸惑って後ろから…という点を懸念して斬ったら全然余裕で先行からの競馬。特にマイナス要素が無い人気馬はこうやって何となく消したらダメだという見本か…。ホッコーソレソレーが負けたように、特にバウンド系でも無くリズムも崩れていない馬は、人気の方を買えってことでしょうかね。

他には△スズカは体重増の時点で危険な匂い。もう1頭△のキンシャサは前走の中途半端さ響いた感じで中途半端な6着。GⅠからのステップだったらもう少し極端な方が良い。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/01/12 14:51 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/200-47cad1cf






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。