スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中山金杯【2007】 結果と言い訳的回顧 

中山金杯 GⅢ ハンデ 中山芝2000m

1着 △シャドウゲイト
2着 ▲アサカディフィート
3着 △ブラックタイド

5着 ○フォルテベリーニ

13着 ◎ダンツジッャジ

不良の中行われた今年の中山金杯。蓋を開けてみれば予想以上にシャドウゲイトの圧勝で終わりました。

【ローテ面での反省】

とりあえず人気薄含め掲示板に入った馬はある程度押さえられたので良いとして、期待したOPカテがブラックタイド1頭のみの圏内入りという寂しい結果に。ダンツは雨得意ということで狙いましたが結局「2000m1着歴無し」という縛りの方がきつかったのでしょう。一方2000m1着歴があったシェイクマイハートですがこれはもう限界かなと思います。休み明けで先行できそうな面子の時orローカルで再度狙ってみたいと思います。マヤノライジンは押し出されての1人気で可愛そうでした。次走人気落ちの短縮ローテならかなり狙えるのでは?

一方今年の収穫は福島記念好走ステップが2頭共走らなかったこと。今まで凡走ステップしかサンプルが無く、かなり選択に迷いましたが少なくとも人気で買うローテでもなさそうです(今年が不良ということを忘れてはいけませんが)。

あとは危なかった4着のロジック。前走大敗しすぎて当日は11人気だったのでGⅠステップからで安心して斬っていいのは、前走さほど良くないのに比較的人気集めている馬で、ここまで逆に人気落とすようなら寧ろ買いなのかもしれません。今後穴を開けそうで怖いローテの一つです。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/01/09 17:50 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/199-dd04c44f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。