スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガーネットS【2007】 結論 

ガーネットS GⅢ 中山ダ1200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎ニシノコンサフォス
○サチノスイーティー
▲ジョイフルハート
△スリーアベニュー
△リミットレスビット

◎はニシノコンサフォス。2前連対前走1人気コケ。前走負けすぎな感じもするがこの馬自身短縮には反応出来るタイプで、ダート1400で負けた後の短縮1200mは2戦2勝。

○はサチノスイーティー。芝OP着差詰めるリズムは昨年のリミットレスビットに類似。リミットもデビュー直後にダート使われそこでの成績はイマイチだったし、前走差しに回る位置取り使っての好走だったが連続好走した。

▲はジョイフルハート。極上リズム馬。斤量と大外枠、バクシンオーなど危険要素多々あるものの、ここまで勢いある馬にはとりあえず逆らわない方向で。

△はスリーアベニュー。格上げで新鮮。ただし前走最内突っ込んでの差しきりは反動凄そうなので、当日の体重増減要注意。3着狙いで。

もう1頭の△はリミットレスビット。前走芝→ダートのショック使っての好走なので上積みは見込めないが、他にいい馬が居ないので。59キロだし鮮度が無い分この評価。

次点…サンアディユ。
スポンサーサイト
[ 2007/01/06 20:45 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/198-083a9787






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。