スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都金杯【2007】 ローテ分析 

京都金杯 GⅢ 京都芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

京都金杯【2007】ローテ


・上は過去6年の京都金杯のローテ別成績です。
・昨年のローテ分析内容はこちら

【今年の修正点】

①前走マイルCS組

連対2頭は前走2桁凡走から当日人気支持されての巻き返しという点は昨年書いた通りだが、マイルCSで人気より着順下げていた。昨年同ローテで4人気で10着と惨敗したキネティクスはマイルで人気より走っていた点が連対2頭とは異なる。また同馬は12戦連続マイル戦という鮮度的に危うい馬だった。連対2頭は2~3前に1400mを経験していた。

②OPステップの取捨選択

大不振だったOPステップが昨年は突然2頭絡みの大活躍。ただこれには今まで主流だったGⅢステップで良い馬が全く居なかったという点も大きかった。そのような時に、前走好走にも関わらず当日人気落ちしている馬を狙う程度で良いと思われる。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/01/01 23:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/194-6ceb1cad






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。