スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝日杯FS【2006】 結論 

朝日杯FS GⅠ 中山芝1600m
自身度☆☆☆

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎オースミダイドウ
○フライングアップル
▲アドマイヤヘッド
△ローレルゲレイロ
△ゴールドアグリ

◎はオースミダイドウ。前に行けば位置取り。少数頭のみの経験気になるが臨戦見る限りアップ適正高いし3戦連続1人気1着なのも評価出来る。鞍上豊では無いがペリエなら平行線。

○はフライングアップル。2前に少数頭ながらも1人気1着取れたことは大きい。危うい雰囲気するものの、1人気1着歴保有の東スポ杯組ということで対抗。

▲はアドマイヤヘッド。凡走ステップは相性が悪いが、前走は間隔開いての後ろからで何もしていないお陰で、前に行けば位置取り+人気急落という絶好条件を手にしたことの方が大きい。好条件を自ら作っているという意味なら一番手。

△はローレルゲレイロ。多頭数経験もあるし、1人気1着歴もある。7頭立てのラベンダー賞を1人気3着凡走から多頭数アップの函館2歳で2着しているように、アップ適正高く根幹条件合う。

もう1頭の△はゴールドアグリ。バウンド延長で、Mレコルトと類似したローテ。ドリーム、マイネルシーガルと迷ったが最終的に昨年の反省の意味を込めて騎手で選択。ウォッカが阪神JF快勝したようにタニノギムレットのアップの内枠は合うはず。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/12/09 19:12 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/187-b0f5a972






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。