スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中日新聞杯【2006】 結果と言い訳的回顧 

中日新聞杯 GⅢ 中京芝2000m

1着 ○トーホーアラン
2着 …インティライミ
3着 …マヤノライジン

5着 ○トウショウシロッコ

10着 △ミツワスカイハイ
11着 △シェイクマイハート

13着 ▲マヤノグレイシー

1着は○トーホーアラン。終止前目の内を回ってゴール前差しきる。前走1桁着順で当日先行出来る人気馬は安定。

2着はインティライミ。リズムが悪かったので自信もって斬ったがあわや1着。当日3人気以内支持の先行馬という括りでは該当していたが。

3着は休み明けのマヤノライジン。夏場からのリズムチェンジ懸念していたがきっちり3着。休み明けは難しい…。

トウショウシロッコはスタートで後手を踏んだ時点でおしまい。最後良く伸びてきていただけに、前目からレース進めて欲しかった。

▲△△の3頭は全く見せ場なし。準OPカテの相性の悪さ、下級条件の人気薄注意は距離変わっても顕在か。

-来年への課題-
  • GⅠカテで先行出来る人気馬は前走着順関係なく巻き返し注意
  • 準OP<下級人気薄
  • 福島記念は掲示板縛りで

    スポンサーサイト
    [ 2006/12/04 12:50 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/185-82c05632






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。