スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

阪神JF【2006】 結果と言い訳的回顧 

阪神JF GⅠ 阪神芝1600m

1着 …ウォッカ
2着 ○アストンマーチャン
3着 …ルミナスハーバー

5着 △イクスキューズ

7着 ◎クラウンプリンセス
8着 △ピンクカメオ

16着 ▲ジーニアス

1着はウォッカ。2頭居た中のリズム良いバウンド短縮馬だったが前走8頭立てだったことを嫌って無印に。初戦の勝ち方と前走の取りこぼし方を見ると内枠の混戦合うタイプだった。初戦がもう少し多頭数だったら評価したが。

2着は○アストンマーチャン。特に言う事も無く無難に走った感じ。

3着はルミナスハーバー。量系だけに体重戻したい。厳しいレース合わないハズなので良く走った部類だと思う。

◎のクラウンプリンセスは注文どおり前目で競馬してくれたが、あそこから5着に入れないとなると力負けか。次走差しに回る位置取り濃厚なので巻き返し期待。

-来年への課題-
  • 500万カテのローテ分析をもっと精密に。

    スポンサーサイト
    [ 2006/12/04 12:45 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/184-10106721






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。