スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

阪神JF【2006】 結論 

阪神JF GⅠ 阪神芝1600m
自信度☆☆

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎クラウンプリンセス
○アストンマーチャン
▲ジーニアス
△ピンクカメオ
△イクスキューズ

◎はクラウンプリンセス。非根幹少頭数よりも根幹多頭数の方が集中出来て良いタイプで前走の敗戦は度外視。2前オースミダイドウに0.1差まで詰め寄ったデイリー杯を評価したい。ただ後ろから行くと差し決まる馬場じゃないと苦しいので前目で競馬出来れば。

○はアストンマーチャン。徐々にパフォーマンスを上げていて集中状態。非根幹に強いだけの馬では無く2前に小倉2歳を圧勝しており、武も昨年を意識してか前走はコーナー3番手の先行策でストレスも最小限。ここ数年のファンタジー1着馬に比べると最も不安無く斬れない。

▲はジーニアス。バウンド延長。2前に新潟だがフルゲート1人気1着しており、初戦が小倉1200mをステラテジーの2着に走っているので、アップの流れでもそこそこやれそう。人気落ちの典というのも良い。

△はピンクカメオ。前走1人気1着3頭の内の1頭。1400m500万で初戦に福島多頭数1200mを1人気1着経験保有も評価。

もう1頭の△は迷ったがイクスキューズ。なんとなく外から掛かって直線とまりそうな匂いがするが、まともに乗れれば素質的にあっさり走られても不思議ではないだけに。明らかにテンション高かったらウォッカで。

現時点2人気のルミナスハーバーは、2前のパフォーマンスとタイムが破格だが、Aタキオンで少数頭経験しか無く、内枠の小牧という最悪な組み合わせ。ペールギュントとショウナンタキオン割って2みたいなイメージでどちらにせよ消し。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/12/02 23:03 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/183-dce5d422






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。