スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中日新聞杯【2006】 結論 

中日新聞杯 GⅢ 中京芝2000m
自信度☆☆☆

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

○トウショウシロッコ
○トーホーアラン
▲マヤノグレイシー
△シェイクマイハート
△ミツワスカイハイ

○はトウショウシロッコ。前走2桁大敗だが前に行けば位置取り。混戦2000m5人気というのはベストな想定。

もう1頭の○はトーホーアラン。前走1桁着順のGⅠステップ当日人気馬。前目で競馬出来るので昨年のコンラッドのように、大幅短縮でも後ろに置かれる心配は無い。

▲はマヤノグレイシー。相性が悪い準OPステップだが、今年は下位ステップ組に良い馬が居らず、人気もそこそこ集めているように台頭する余地はある。ただ1800mベスト感は否めないので、鮮度を活かして内突けばという注文付く分3番手。

△はシェイクマイハート。相性が良い福島記念組。前走掲示板では無いが、過去圏内入りした3頭の着差は0.7、0.5、0.1なので問題無いはず。ローカルGⅢ戦は全て2桁人気→掲示板入りしており、着差詰めて来ているので1発ある。

もう1頭の△はミツワスカイハイ。前走負けすぎも巻き返し効くタイプ。距離も問題無いし重賞2戦目で鮮度もある。前目で競馬出来れば。

以上

---------------------

追記:14:55

◎予定のトウショウシロッコが太りすぎなので○に降格。
スポンサーサイト
[ 2006/12/02 19:44 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/182-66370565






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。