スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

阪神JF【2006】 ローテ分析 

阪神JF GⅠ 阪神芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

阪神JFローテ2006


・上は過去6年の阪神JFのローテ別成績です。
・昨年のローテ分析内容はこちら

【今年の修正点】

①1400m500万ステップは多頭数1200m経験に注意。

昨年斬ったテイエムプリキュアが1着。小倉1200m経験は、02年に同ステップで2着したヤマカツリリーと同じであった。2年連続は無いと思うが人気薄なら警戒必要。

②新馬未勝利馬が昨年走りすぎた気が。

これまで19頭走って圏内1頭しかなかった新馬未勝利組が昨年2頭絡みの大健闘。ただしこれにはファンタジーS組全滅、別路線で良い馬の不在という繰り上がり的な影響が考えられ、安易に拾うのは危険。

③別路線組は1600m以上の距離経験は欲しい。

昨年取捨選択に悩んだ3人気のコイウタは6着。デイリー杯や札幌記念は通用していることから、別路線はプラスだが、距離による制限の方が大きいと考えるべき。

④新装阪神競馬場がどう影響するのか。

コーナーが少なく&緩くなったという点で、ストレスや疲労の影響が出にくくなっているのではないかと勝手に推測しているのですがどうでしょう。ここ3年連対が無いことからもファンタジーS仕様なのでは…。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/12/01 15:34 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/180-46660fe6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。