スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉2歳S 結果と言い訳的回顧 

小倉2歳S GⅢ 馬齢 芝1200m 自信度☆☆☆

1着 …アストンマーチャン
2着 ○ニシノマオ
3着 ▲スーサンライダー

4着 △エーシンウェーブス
5着 ◎ストラテジー

11着 △シルバーストーン

小倉2歳06結果


上は今年の小倉2歳Sの結果です。これを参考に反省を加え、来年への課題を探りたいと思います。

【ローテ面での反省】

◆印をつけた馬が上位を占めたので、だいたいOKという感じですが、肝心の1着馬が痛恨の無印…。アストンは前走接戦とい理由で斬りました。接戦というよりも2着→1着というリズム推移を重視するべきだったようです。またこの馬持ち時計1位だったんですね…。1200mカテの前走接戦凡走馬とアストンを比較することを来年の課題にしたいと思います。シルバーストーンは思い切って斬るべきでした。スタートで置いていかれて凡走というのは04年のエイシンの繰り返しでした。

【型面での反省】

◆12カテの2頭絡みは3度目ですが、いずれも占有40%越えの時。ただし01年のように型良くても圏外の時もあるので、型で判断は難しい。ダートは02年と比較することで消せる。新潟記念同様、どのステップも型よりもローテで判断したい。

【来年への課題】

  • 1200カテ前走接戦馬を解析。
    スポンサーサイト
    [ 2006/09/09 17:51 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/167-4fb70986






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。