スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新潟記念 ローテ分析 

新潟記念 GⅢ ハンデ 芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

新潟記念ローテ


◆前走GⅡステップ◆

03年のキングフィデリア3着1サンプルなので割愛。同馬は新潟1戦1勝と相性良く、雨のキングマンボと血統的な裏づけもあった。

◆前走GⅢステップ◆

先ず最も多い関屋記念【0-1-1-10】から。好走は1サンプルのみで割愛する(同馬は当日1人気なので好走ステップは期待値的に高くない可能性はある)。凡走は【0-1-1-9】で圏内2頭当日人気は1、6人気。それでも2人気2頭が凡走しているので、関屋全体としてあまり期待値的に高くない。圏内2頭の共通点は前走差して届かずの形で4~6着(0.7以内)。また2前or3前が2000mで距離のピークが短距離では無いということ。この形をクリアして当日凡走したのはダイワテキサスくらい。2000m経験が近走に無い馬や、前走先行して凡走→当日人気UPというパターンは危険なので人気でも軽視したい。

次に小倉記念は【0-0-0-5】と全馬凡走ステップだが何も出来ず。巻き返しが厳しい他、好走馬であればサマー2000ということで疲労がきつくなってくる。同じ小倉からであれば断然1800mからのステップが有利なので相対的にも2000mGⅢからでは不利となる。抜けた馬が居て多少考慮するといったところか。

続いて函館記念【1-1-0-5】を分析。比較的人気通りに各馬走って、圏内2頭は当日2、3人気。先行タイプで2前はOP/下級と疲労を残さないローテだったのも良い。

最後は相性が良い北九州記念【2-0-1-1】で当日人気が4、3、3なので期待値は高い。ただし今年から距離が変わったので同じ小倉1800mからの出走があれば注意したい。

◆前走OPステップ◆

当日2桁人気が多いが、01年に10人気ミヤギロドリゴの3着がある。同馬は2000m→1800m→2000mのバウンド延長で、0.4差→0.1差と徐々にリズム上げていた。また2000m→2600m→2000mで10人気5着の馬も居るので、理想的な距離変更ショックがあるにも関わらず当日人気据え置きタイプには多少注意したい。

◆前走準OPステップ◆

出走多いが好走【1-0-0-6】と凡走【0-0-1-8】と鮮度があまり活きていない感じ。この圏内2頭に共通するのは前走小倉の1800m戦。前走が小倉1800mだったのは16頭中この2頭のみ。GⅢの北九州記念の部分でも触れたが小倉の1800mとは相当相性が良い。ただし他に理想的な状態の馬が居なかったことも確かなので、1人気1着、圧勝など従来どおりの買って良いセオリーに嵌っている馬は下級で通用しているので、そのような場合は他場経由でも警戒したい。協調材料無く中途半端に人気集めているような馬は思い切って軽視するべき。

◆前走下級ステップ◆

好走は【1-1-0-2】とまぁまぁだが圏内2頭の当日人気が1、3とかなり抜けていることも確かで期待値的には微妙。2頭共に新潟2200m1人気1着0.3以上勝ち後。また2頭とも2前は2400mと長距離志向だった。

◆休み明け◆

狙いにくいので割愛。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/08/20 20:27 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/156-164943f1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。