スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

札幌記念 ローテ分析 

札幌記念 GⅡ 別定 芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

札幌記念 ローテ


◆前走GⅠステップ◆

圏内の当日人気は3人気以内で、3人気以内で縛ると【1-1-2-1】と圏内率80%。期待値低いものの人気集め嫌って斬るのは危険。3人気で唯一圏外となったのは02年のAドンでダービー8着からの臨戦だった。GⅠ凡走から巻き返して圏内入りした2頭と比べると、ここ2戦の内容が物足りなく、巻き返した2頭は2走前共にGⅠで5着以内だった。また脚質も追い込みより先行の方がよく、巻き返し2頭はここ2走内でコーナー4番手と先行経験があった。イマイチぱっとしない追い込み脚質のGⅠステップ馬が当日人気背負うパターンは危険と判断したい。

◆前走GⅡステップ◆

相性良いとは言えず。凡走ステップは穴人気に、好走ステップは昨年のオペラシチーのように人気背負うが、どちらもダミー視していきたい。別路線というアドバンテージ背負う可能性はあるものの、あまりそれが活きない様子。

◆前走GⅢステップ◆

頭数多いが、圏内出しているのは函館記念かクイーンCであり、エプソムCや関屋記念、七夕賞なども数サンプルあり、そこそこ人気集めるケースが多いが、北海道の芝によほど合うタイプ以外は敬遠したい。

先ず函館記念、好走ステップ【1-1-0-5】から。圏内2頭当日人気は共に1番人気で、函館記念も1番人気で1着or2着。また両頭共に過去に札幌での重賞連対歴保有していた。人気に支持されてきて札幌での実績もあればそう簡単に崩れない。逆に危険なのは函館記念を低人気で好走したパターンで、05年エリモ、03年ヒマラヤン、01年アクティヴなどが圏外となっている。

続いて凡走ステップ【0-2-0-7】に移る。圏内2頭の当日人気は5、10人気と期待値的にはそこそこ。この2頭に共通するのは、2前が2000以上の重賞、3前も2000mのOPという点。3前or4前あたりで好走歴があって、ここ2戦凡走というパターンが望ましい。脚質は2前以内に先行経験欲しい。危険なのは長め志向もリズム崩しすぎのタイプや、北海道王道の巴→函館記念でどちらも凡走しているタイプ。この手のタイプの巻き返しは厳しい。

最後にクイーンS【1-0-1-2】だが難解。圏内2頭は9人気と4人気。また4サンプル共にサンデー。圏外2頭は、クイーンで8着とリズム崩していたが当日3人気のダンムーと、2前重賞連対、前走も3人気3着と疲労気になるチアフル。クイーンSを無難に走った場合は蓄積的な疲労に注意し(ヘヴンリーは2前以前凡走だったし、当日人気据え置きだったのも良かった)、もしくはノブレスのように5着前後で徐々にリズム上げている馬を狙う程度で良いだろう。実績よりも鮮度や疲労の無さを大事にしたい。

◆前走OPステップ◆

先ず巴賞【1-0-0-2】から。勝った1頭は2連勝中の馬で、2前~5前が2000m~2200mだったように長距離志向が望ましい。ただし全馬好走ステップで3頭共当日人気よりも着順は良いので、後は相手関係といったところ。巴→函館記念の王道よりも消耗が少ない分有利なローテとは言えよう。残り1サンプルは昨年のファストタテヤマで、バウンド短縮、位置取りショックといかにもだった。人気無く理想的なローテの馬を抑える程度で良いだろう。

◆前走準OPステップ◆

あまり相性は良くなく、5連勝中でサンデー初重賞と絶好だったニホンピロも惨敗しているし、1人気に支持されたコイントスも3着と人気を裏切っている。

◆休み明け◆

最後に休み明け。人気の馬か2桁人気の馬が圏内で中位人気は圏外。この2頭はGⅠ圏内実績保有かつ札幌重賞圏内実績も保有していた。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/08/13 17:07 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/152-110c812e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。