スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

函館記念 結論 

函館記念 GⅢ・ハンデ 芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

【ローテからのアプローチ】

◆前走GⅢステップ◆4頭

気になるのは函館得意なニシノデューくらいだが、逃げられなかった逃げ馬カードの時に買いたいので、脚質的に同型多いここでは逃げられずに消えて欲しい。

◆前走OPステップ◆8頭

相変わらず多し。巴好走のエリモは金鯱以降安定していて前走コーナー5番手以内の競馬で好走条件満たしている。ただし昨年は重賞2戦目という鮮度+人気据え置きという材料あったが、今年巴を2着したのは鮮度落ちの現われとも取れなくなく頭では狙い辛い。凡走ステップの中で激走条件にそこそこ嵌ってる感じがするのは、マチカネ、セフティー、アスクの3頭。ただマチカネが人気になって来ているので狙うなら後者2頭か。他には、ブルートルネードは昨年と似たステップだが今年の方が人気落ちしているので反発可能性はある。エアシェイディは別路線1人気1着なので消せず。

◆前走準OP◆1頭

マヤノライジン。2000m未経験なのは気になるが、この勢いは無視出来ず、重賞も初挑戦という鮮度持ち。ただし現時点で3人気と人気を集めているだけに勿体無い。2000m経験あって4人気以下なら黙って買うのだが。

◆休み明け◆3頭

マーブルチーフ好きだけど、ここはタガノデンジャラスをどうするか程度でいいだろう。しかしいつの間にこの馬強くなったんだ…。余裕があれば押さえ程度。

【型からのアプローチ】

オッズ変動が激しく参考程度。準OPがA保有しそうだが、フルゲートで占有Aが絡んだことが無く、マイノリティには厳しい条件。休み明けは占有そこそこなのでカバー出来る可能性はある。やはりここはOP中心で2頭絡み濃厚、3頭絡みまでも。GⅢはここ6年で最悪。軽視。

【結論】

◎ブルートルネード
○アスクジュビリー
▲セフティーエンペラ
△エリモハリアー
△マチカネメニモミヨ

◎はブルートルネード。鮮度不足は否めないが、昨年2番人気だったことを考えると、今年の方が人気据え置きの分、条件的には良い。○はアスク。スタートまともなら先行して位置取り期待。▲は影の本命セフティーエンペラ。近走パッとしないが前走は0.3差でコーナー5番手競馬。函館も得意でこの人気ならいかにも臭い。ただ大外で2000mよりも1800m得意で捲れる体力も無いと思うので、スタート絶好で好位すんなりという注文は着く。まぎれて3着なら。△はエリモとマチカネ。もしかしたらタガノも買うかも。
スポンサーサイト
[ 2006/07/22 17:08 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/148-2776e790






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。