スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

七夕賞 結果と言い訳的回顧 

七夕賞 GⅢ ハンデ 福島芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

七夕賞は回避したので回顧だけ事後的に。
ちなみに今週末も大学で合宿があるのでアイビスは回避です。

七夕賞06結果


上記は今年の七夕賞の結果です。これを参考にして反省を加え、来年への課題を探りたいと思います。

【ローテ面での課題】

◆休み明けのメイショウカイドウが1着。人気馬は軽く抑えと書いたので結果的にこれでOKか。タガノも13人気7着したように悪くないステップなのかもしれない。過去戦犯歴無いので買えないが。

◆続いてGⅢステップ。好走ステップで3着したグラスボンバーは着順だけ見ればリズム崩した後の前走2着で嫌いたい場面だが、人気だけ見ればここ3戦全て3人気以内で安定感はあった。凡走2頭はコンラッドが極端な脚質で消せた。

◆今回大挙したのはGⅡステップで、コンゴウリキシオーが1人気2着。金鯱組はほぼ人気通りに走っているので厄介な所。また目黒記念がサンプルそこそこ揃ったので来年分析することを課題にしたいと思います。

◆続いてOPステップ。買えるのはアサクサくらいだったが後ろからで見せ場無し。ロードクロノスが同ステップで連対した時は当日捲くっていた。また前者は今年リズム崩していたが、後者は休み明け2戦目だったという点も大きい。

【型面での課題】

◆型は今年はわかりやすい形。GⅠとOPがここ6年で最悪の型で、GⅡが占有率異端でここから1頭、休み明けから1頭で拾いやすかったハズ。GⅢは過去にAで崩れていることがあるので押さえ程度という狙いでよかった。01年もフルゲートでリズム優位レースになったので、多頭数の方が紛れが少ないのかも。どちらにしてもここまで堅いレースなら手をださなくて正解だった。

【来年への課題】

  • GⅡステップを分析すること
    スポンサーサイト
    [ 2006/07/11 16:48 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/145-cc06ca06






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。