スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

函館SS 結果と言い訳的回顧 

函館スプリントステークス GⅢ 函館芝1200m

1着 …ビーナスライン
2着 ○シーイズトウショウ
3着 △ブルーショットガン

6着 △トールハンマー

9着 ○プリサイスマシーン

13着 △フサイチホクトセイ

函館SS06結果


上は今年の函館SSの結果です。これを参考にして反省を加え、来年への課題を探りたいと思います。

【ローテ面での課題】

◆先ず準OPから。前走のリズムが重要だと思っていたらビーナスラインが最低人気激走で4人気のフサイチが最下位。これは見直す必要があると思います。3着のブルーもそうだけど函館芝実績によって縛りをかける方が正解なのかも。過去準OP馬の函館芝実績を探ることを課題にします。あとバウンド短縮もね。

◆休み明けやOPカテの狙い所ははずれて無いと思うので、後はGⅠステップの馬を人気で斬れるかどうかという点かと思います。プリサイスは後ろから位置取りかけて欲しかった。混戦の中位人気でこそ味が出そう。あとトールハンマーは中団からの競馬だったのでいつか外枠ダウン人気落ち場面で狙いたい。

【型面での課題】

◆基本的に上位型は不安定で、低型反発が基本構図のレース。過去6年で人気上位型(A・B)は4サンプルしか圏内例が無い。特にGⅠカテの占有率低い場合と、GⅡがかなり不安定なので、このような状態の時は積極的に切りたい。A・Bを抑えるならGⅢカテがどちらか取った場合と、GⅠが複数出ししてきた時。


【来年への課題】
  • 準OPをもっと分析してみること
    スポンサーサイト
    [ 2006/07/02 17:13 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/140-3567532a






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。