スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

函館SS 結論 

函館スプリントステークス GⅢ 函館芝1200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

【ローテからのアプローチ】

◆前走GⅠステップ◆

先ずシンボリグランだが近走後ろ目で競馬しているのが気になるところ。前走6番手で0.8差負けという中途半端さもイマイチで、人気集めるなら嫌いたい。

◆前走GⅡステップ◆

トールハンマー。前走先行は評価できるしダウン臨戦もプラスというか必須。重賞は今まで最高7着と底を見せているが全て14頭以上でアップ臨戦だった。今回は13頭と頭数割れたダウン臨戦なので前進期待可能。函館芝特注のエリシオだし嵌れば1発も。

◆前走GⅢステップ◆

CBC移行に伴い今年から増えそうなステップで蓄積無いので厄介。鮮度こそ無いがシーイズトウショウは昨年と同じようなステップでリズム上げての参戦なので斬りにくい。ただ同レース3戦目、前走GⅡステップ、かつ使い込まれているので頭には出来ない。他2頭はリズム崩しており手は出しにくい。

◆前走OPステップ◆

タニノマティーニは前走3人気2着をどう見るかが難しく、好走とも取れるが休み明けのフレッシュに反応しただけとも取れる。-12キロの反動も気になる。もう1頭のマイネルハーティーは前走中団ままの競馬で追い込んで届かずの形では無いのでマイナス。また2前にも強調点無く静観妥当か。

◆前走準OPステップ◆

狙うとしたらフサイチホクトセイ。古馬重賞初だしそれまで人気に応えて勝ってきたタイプ。前走は10ヶ月ぶりのレースだったが0.4差を先行して5着なら上出来。人気落ち願う。

◆休み明け◆

どっちも人気薄でそれなりに妙味がある。ブルーは同レース4戦目だが昨年末から2勝しているリズムは不気味で、リフレッシュがいい方に出れば侮れない。アルビオンはリズム崩しきっていたので休み明けはプラスに働くハズ。幸四郎だから見送りたいところだが。

◆その他◆

地方ダートから2頭。プリサイスマシーンはダートから芝でいかにも過ぎて怖い。同ショックで高松4着しておりここでも狙いたい。

【型からのアプローチ】

前日15時台での型判定。
A:GⅠ:2.0→B:GⅢ:4.7→C:その他:7.0→D:準OP:8.0→E:休明:8.5→F:OP:9.0→G:GⅡ:10.0

ABの指数的には02年度に類似。ただしこの時GⅠカテは極限型だったが今年は2.0で回避しそう。またGⅢは型が良く1頭は絡んできそう。その他はデータ無いので割愛。準OPは占有と人気無難で良くもあり悪くもあり。休み明けは型に関係なく(むしろ低型反発)なのでこの程度でも良い。OPが今年は型悪。占有率もないし指数的にも良くない。GⅡは流石にGでの圏内は厳しいか。


【結論】

○プリサイスマシーン
○シーイズトウショウ
△フサイチホクトセイ
△ブルーショットガン
△トールハンマー
☆シンボリグラン
斬タニノマティーニ

◎不在。○1頭目はプリサイスマシーン。ダートから芝へのショックでタフな競馬も合う。外枠が気になるが体力あるので影響はないだろう。積極的に前で競馬したら。もう1頭はシーイズ。3番手まで落とそうと思ったがGⅢカテの型が良いので2番手。出来れば3着希望だが。以下△3頭は横並び。最後に極限型回避したシンボリを押さえまで。要らないのはタニノマティーニ。全てにおいて中途半端。買うなら評価落ちのフレッシュ状態で。
スポンサーサイト
[ 2006/06/30 23:56 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/138-94d0237d


函館スプリントS(G3)

◎シーイズトウショウ57キロCBC賞を勝ったのに56に下がる得意の函館1番人気でもはずせない相手タニノマティーニテレビ愛知OP勝ちのワイルドシャウトがCBCで2着ワイルドに0.3負けだが3Fは同じで位置が悪かった
[2006/07/01 22:51] URL アタラネーゼ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。