スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本ダービー ローテ分析 

日本ダービー GⅠ 東京芝2400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

ダービーローテ


◆先ず前走皐月賞から。好走【2-1-1-5】に対して凡走【1-0-1-21】。先ず好走から。人気支持されての好走と、低人気からの好走の2パターンに分かれる。先ず後者から。皐月を8人気以降で好走した馬のダービー成績は【0-0-1-3】で4着以下の3頭の当日人気は4/2/5なので危険なタイプ。唯一3着以内に入った1頭は昨年のシックスセンス。差して届かずの2着。低人気で1着と勝ちきるよりは疲労少なくて済むので良い。また圏外3頭が重賞連対歴無かったがシックスセンスは保有していたし当日7人気とさほど人気集めなかったのも良かった。続いて皐月3人気以内支持されて好走したタイプは【2-1-0-2】で、着外の2頭は先行脚質で1人気1着保有歴なし。逆に連対3頭は差し脚質で1人気1着経験保有していた。

続いて凡走組だが、1着の1頭が1人気だったことを考えると、期待値は低く、特に穴人気するようなタイプに巻き返しを期待して手を出すのは危険。穴人気で唯一圏内に入ったのはザッツザプレンティで、当日は重馬場、ラジオたんぱで同じく重勝ちしていた。またサイレントディールも皐月凡走から重重賞実績保有して当日重で4人気4着と堅実に走った。特殊馬場になり適正がある程度ある馬くらいしか対応出来ていないのが実情。

◆続いてマイルCS組。単純に勝つか負けるかで、勝った2頭は当日1番人気という点、2人気、4人気の馬が負けている点を考えると、よほど格が抜けていないとマイルからの延長+疲労に打ち勝てない。1頭は年明け重賞5戦だったが、皐月/NHKマイルは差し損ね1人気3着続き、もう1頭は3前がOPで、マイルCは0.8秒差圧勝だった。

◆次に京都新聞杯ステップ。連対2頭は共に好走ステップで、当日5人気、2人気で前走は1~2人気に支持されての1着で、1人気1着経験も保有、また1600m~2000m以上中心に使われており長め志向のタイプ。凡走からの巻き返しは厳しいが、ボーンキングが長め中心+重賞歴持って当日6人気4着と先ず先ずの競馬。

◆次に青葉賞。凡走は出番ないが、好走は【0-2-1-7】とまずまずで、当日人気は3サンプル共3番人気。2着2頭は青葉賞1人気1着で、過去全て3着以内で圏外歴ないエリートタイプで、かつ青葉賞が重賞初という鮮度持ち。この手のタイプで負けたのはダンツキッチョウくらい。前走が-10キロで0.0差接戦の反動が出た。他2頭は0.2以上は離して勝っていた。また2人気1着のハイアーゲームが無難に3人気3着。似た感じでルゼルが3人気1着だったが当日は4人気14着と大敗している。前者が差し競馬で0.4差圧勝、後者が逃げられなかった逃げ馬カードを前走使用して0.1差接戦。断然前者の方が有利。まとめると、前走1着で0.2差以上は突き放すこと/また掲示板ハズしていないエリートタイプ(出来れば全て圏内確保のエリートが良い)馬であれば走れるということ。

◆プリンシパルは相性良くなく3着1頭のみ。マチカネアカツキだがデビュー以来8戦連続連対という驚異的な馬。同様なタイプでピサノクウカイがデビュー以来6戦連続圏内だったが敗れた。前者が重賞連対実績あったが後者は無かったという点が異なる。付記すると、メガスタが9人気4着、ゼンノジャンゴが13人気5着している例があり、いつか穴あける気がしてならない。前者は重賞実績ありながらも当日嫌われたパターンで、後者はデビュー以来常に3人気以内支持での当日急落馬。

◆最後にOPカテ。3サンプルしかないが、うち2サンプルは11人気3着、13人気5着と意外と相性は良いのかもしれない。この2頭に共通するのは前走1人気1着圧勝。穴で多少注意。あとは格的な問題と、上位が崩れるかという問題。

------------------

【赤本との比較】

◆皐月1着後からの直行馬は「4角4番手以内」かつ「蓄積的な疲労が無ければ」安定

→02~05の皐月を見るとノーリーズン、ダイワメジャーが皐月を先行して勝ったが(蓄積的な疲労も気にしなくて良い)、当日は凡走。逆に皐月8番手以降で勝ったネオとディープはダービーも1着ということを考えれば、脚質よりも皐月の人気も併せて参照することが望ましく、前者2頭は人気薄/後者2頭は皐月1人気1着という点が大きいだろう。

◆京都新聞杯組は1着馬、かつ2連勝と勢いがあった方が良い

→02~05の間で1着馬は4頭参戦。うち2連勝中のインティは無難に当日も連対したので上記命題はそれなりに妥当。低人気で1着し、2連勝でも無かったマーブルとファストは凡走。1頭2連勝では無かったが連対したのはハーツクライ。人気に支持されての好走か否かがポイントであろう。

◆弥生勝ち(人気に支持されて)→皐月凡走(3~4着に軽く)は相性良い

→エイシンチャンプが該当するが10着に凡走。ダービーでも人気集めるような馬でないと厳しい感じ。

◆皐月2~4着から直行は2前が1着で当日3番人気以内だと安定

→コスモバルクが該当するが凡走。
スポンサーサイト
[ 2006/05/21 21:22 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/118-9b982506






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。