スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オークス 結論 

オークス GⅠ 東京芝2400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

【ローテからのアプローチ】

◆前走GⅠステップ◆7頭

好走ステップは3頭。そのうち前走1人気のアドマイヤキッスのみがローテクリア。前走2着はむしろオークスにとってはシーザリオ同様好条件で、ここも人気集める場面だろうが斬れない。他2頭は前走4人気以降からの好走であり、積極的には狙えず。一方凡走は4頭であり、好走パターンにそのまま合致する馬が居なく残念…。ポテンシャルという意味ではFパンドラだが、追い込みという点ではシェルズレイやユメノオーラ。ただ2走前が低人気での連対であり微妙。結局一回りして昨年と同様のパターンになるのでは…。

◆前走GⅡステップ◆4頭

1人気1着経験を過去に保有しており、やや追い込み脚質のヤマトマリオンを軽く抑える程度か。ただ大外に入ったのが気がかりで、延長適正だけを見ればブロンコーネの方が高い。

◆前走OPステップ◆3頭

カワカミプリンスが追い込みに徹されれば多少怖い。9番の馬が絡んで3連複5万程度ついた夢をみたのが正夢化したら…笑

◆前走500万ステップ◆3頭

重賞での力証明もあるし、3着ハズして居なく、前走1人気1着。こちらも追い込みに位置取りかければ。欲を言えば前走ちぎってほしかった。3着狙いか。

◆休み明け◆1頭

シークレットコードが出るけど混戦の人気薄S質だと思うので軽視。

【型からのアプローチ】

前日販売終了時点での型判定。

A-GⅠ-7.1
B-OP-8.0
C-5万-11.0
D-GⅡ-13.5
E-休明-14.0

順当に人気AはGⅠが保有で、GⅠカテがA保有時には必ず2頭以上絡んでいる。もともと人気Aカテが強さを見せるレースであり、ここでも2頭以上が期待出来る。ただ3頭独占だった04年はB以下が全て10点代とAが群を抜いていたのに対し、今回そこまでではないので2頭絡みの確率が高い。一方、GⅡはここ6年で最も悪い型。GⅡが絡んだのはA保有の01年と、Dで反発した03年。ただし03年は休み明けカテがA保有という異端年だったので、順当にGⅠカテがA保有した今年は低人気反発は厳しそう。一方OPカテは占有率がB止まりだが人気B保有はここ6年で最高の型。また500万カテもここ6年で最も良いが500万カテからの3着内は例が無く(92年以降で検証)、ここでデータブレイカーとなれるかどうかは疑問。以上まとめると今年は【Ⅰ-Ⅰ-Ⅰ】or【Ⅰ-Ⅰ-O】が濃厚。【Ⅰ-Ⅰ-5】は押さえ程度。

【結論】

◎アドマイヤキッス
○フサイチパンドラ
▲キストゥヘヴン
△シェルズレイ
△カワカミプリンセス

◎はアドマイヤキッス。桜花賞でマイナス体重の2着なので疲労ストレス懸念されるが、S濃厚で武豊なら相殺。桜好走ステップ組の中で他2頭は今回2人気、3人気と前走好走のため人気上がっているという中ではAキッスが最も良く、かつローテクリアしたのもこの馬しかいないため。○はフサイチパンドラ。前走大敗のため今回6人気と急落。内枠のサンデー、人気薄のヌレイエフというのも良く、Sの内で折り合うことが出来れば巻き返す。以下混戦のため絞りきれず。型を信じる。余裕があればコイウタ/ブルーメンブラッド/ブロンコーネまで。って絞りきれなさすぎ…。
スポンサーサイト
[ 2006/05/18 23:42 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/116-9fd11259






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。