スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オークス ローテ分析 

オークス GⅠ 東京芝2400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

オークスローテ


◆前走GⅠステップ◆

1サンプル以外全て桜花賞。好走ステップから。成績は【2-0-1-6】で3着内3頭の当日人気は1/2/1に対して、4着以下6頭中4頭が当日3番人気以内なので期待値は低い。好走3頭は桜花賞1or2番人気。脚質は桜1着2頭は先行(4角3番手以内)で、桜2着に敗れた1頭は追い込み。1着なら先行脚質、追い込み脚質なら2着の方が疲労残らず良い。この手のタイプで敗れたのはダンスインザムードが該当。桜まで年明け2戦でいずれもコンマ1秒、2秒の接戦だった。年明け1戦で桜を迎えるか、2戦の場合はどこかで2着(桜でも良い)するか、出来れば圧勝して疲労軽減する構造欲しい。桜を4人気以降で好走した馬は苦戦傾向。

続いて凡走ステップ【2-4-1-19】で当日人気が4/6/2/4/13/12/7なので期待値は高い。この馬たちに共通するのは、もう穴パターンとしては基本だが、2走前に重賞を好走し、桜花賞で人気より負けて、オークスで巻き返すというパターン。実に7頭中4頭がこのパターンであり、2走前重賞3着、桜花賞で人気に関係なく凡走もOKにすると7頭全てがこのパターン。もう少し縛りを入れると、全馬その2走前は3番人気に支持されていた。また7頭中5頭が桜は4角10番手以降。このパタンで凡走全てをふるいにかけると【2-4-1-2-3】となり驚異的。

◆前走GⅡステップ◆

3着内中3頭に共通するのは1人気1着という力証明歴+フローラS4角10番手以降。この条件で縛ると【0-1-2-0】となる。1着の1サンプルはレディパステルで、デビュー以来6戦3着内をハズしていないという力証明であった。力の証明があって、フローラでもまずまず走っており、追い込み脚質だと食い込める余地が出てくる。

◆その他◆

あとはほぼ用なしだが、唯一1頭3着に食い込んだ500万カテ。忘れな草経由で当日2番人気だった馬。OP経由で当日2人気というのは異常なのでこのような事態でやっとという感じ。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/05/14 18:23 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/114-74eb7ca2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。