スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヴィクトリアマイル 結論 

ヴィクトリアマイル GⅠ 東京1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎アグネスラズベリ
○ダンスインザムード
▲ラインクラフト
△ロフティーエイム
△ディアデラノビア

これ書いてる途中に体重見たら、エアメサイアが+12、ヤマニンシュクルが+12、マイネサマンサが-16と体重増減激しいので、これらが崩れて下位台頭を狙う。

◎はアグネスラズベリ。ただ1頭条件上がりで異端性もあり、鮮度も十分。1人気1着重ねて来て今回は7人気と気楽に乗れる。前走1400m接戦が気になるところではあるがアップ向き。内の利を生かして乗れば。

○はダンスインザムード。叩き2戦目で軽く-体重の内枠C系。鮮度的な魅力こそないものの、他が走れなさそうで相対的に上位。

▲はラインクラフト。1600mで崩れることは考えにくいものの、当たり前過ぎるので…。

△はロフティーエイム。前走7人気1着反動気になるが鮮度的に良い。突然の激走では無くここ数戦安定しているように、状態的には良い。

△のもう1頭はディアデラノビア。本当はもう少し上位にとろうと思ったが+8でキレ負け心配。

◎からの馬連で。

スポンサーサイト
[ 2006/05/14 14:50 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/113-6f8f8d0c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。