スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京王杯SC 

京王杯SC GⅡ 東京芝1400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

京王杯SC ローテ


-関連-
昨年度の予想




◆前走GⅠステップ◆

全馬高松宮記念で、好走【0-0-1-5】に対して凡走【0-0-0-12】とどちらにせよ1200mからの延長となるためかなり相性は良くない。唯一3着以内に入ったのは前走3人気2着で当日1人気だったブラックホークのみ。6サンプル中当日1人気はこの馬のみで、特に高松宮記念を勝ちきった馬は当日【0-0-0-3】と良くない。マイルGⅠなどで3着内実績があり当日人気に支持されるような馬でやっと3着という感じ。

◆前走GⅡステップ◆

全馬マイラーズC。短縮になるので高松宮記念よりは相性がよく、好走【1-1-0-1】、凡走【1-0-2-9】という成績。先ず好走ステップ。当日人気は6/7/6と狙いやすい。4着以下に敗れた1サンプルは前走で逃げておいて当日逃げられず凡走。前走極端な脚質で頑張った馬よりも無難に先行できた方がよく、特に05年のアサクサデンエンは近走は珍しく先行への位置取り。もう1頭のキスミーテンダーはサンデーの集中状態格上げ戦で重賞2戦目という鮮度も生きた。凡走ステップの3サンプルの当日人気は2/8/11と穴も狙える。ポイントは脚質で3頭とも何らかの脚質の布石があった。2人気の馬は前走差し損ね、8人気の馬は差しに回る位置取り、11人気の馬は逃げられなかった逃げ馬。アサクサデンエンもそうだったが、乗り代わりで過去に戦犯歴ある馬は常に気をつけたい。

◆前走GⅢステップ◆

阪急杯が1サンプルあるが、他は全てダービー卿。好走【0-1-0-4】に対し凡走【2-0-0-3】 好走は勢いで駆け上がった方がよく、連対1サンプルは2連勝で重賞初という鮮度持ち。前走でポツンと好走した馬は良くない。凡走ステップで1着2頭に共通するのは前走1人気支持。前走敗退を嫌われて当日人気落ちした馬の反発という構図。他3サンプルが2桁人気馬多く絞り辛いが、実績ある馬で前走軽く凡走した馬の巻き返し狙いやすい。

◆前走準OPステップ◆

全馬好走ステップで、当日人気も7/7/5と優秀。3頭に共通するのは1人気1着で古馬混合重賞初で先行脚質。短縮がよく3頭中2頭が1600mでもう1頭は1400m1.0秒差圧勝後。1人気1着、先行脚質で重賞初のチェックザラックは11着に敗れた。また古馬重賞初ではなかったニシノシタンも敗れている(それでも8人気5着)。またもう1頭マチカネアカツキも1人気に支持されて敗れている。ダービー好走などが原因の過剰人気だろう。条件戦上がりの馬の方が人気もあまり集めず狙える。

◆休み明け◆

2桁人気はともかく、1~4人気馬も敗れているので決して+ではない。2頭に共通するのは前年度に当該レースを勝利している点。1年経過しての鮮度不足を休み明けリフレッシュで補うという形。また1~4人気に支持されて4着以下に敗れた5頭中4頭が1400m自体初だった。1400mは特殊に軽い距離なので向き不向きが如実に出る距離なので未知数な馬より1400m実績や当レースを経験していた方が信頼性は増す。

1400mにしては鮮度や位置取りが決まりやすいレースなので、そのあたりを上手くまとめて予想したい。

以上
スポンサーサイト
[ 2006/05/07 16:39 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/109-0b805576






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。