スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NHKマイルC 結論-修正 

NHKマイルC GⅠ 東京芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

型を修正しました(5/7:13:08)

【ローテからのアプローチ】

◆前走GⅠステップ◆5頭

全馬凡走ステップでローテクリアはフサイチリシャールしか居ない。ただ個体的に均衡気味なのが気がかりで、この馬のペースに持ち込めれば楽だが内に何頭か早いのが居て番手競馬濃厚な今回も無難にまとめてという予感で軸にはし難い。穴人気しそうなステキシンスケクンは、バウンド短縮で魅力だが巻き返し歴無く、父ダンチヒ母父ミスプロはトライアル向き/弱い相手/平坦コースが強そう。ハードレースになる東京マイルではどうか。

◆前走GⅡステップ◆7頭

NZT6頭から。本当なら全馬バッサリ行きたいところ。マイネルスケルツィはそこそこ人気するだろうし、前走接戦勝ちの最内枠で先生。いかにもすぎて切るのが怖いくらい。ファイングレインも前走で逃げられなかった逃げ馬カードを使ってしまったので、今回は厳しそう。アポロノサトリは均衡気味で敬遠。ロジックも極限に脆いアグネスタキオン。強気に前に行って位置取りかけてSペースになって量を活かせて初めてという感じ。タガノバスティーユはBTで強い相手混戦向きという感じはするが、近走追い込みに徹しているのが気がかり。前目で競馬してほしい。でも池添だしな…。ドラゴンウェルズは地味なので…。どれもイマイチ。スプリングSも今回は出番なさそうで。

◆前走OPステップ◆4頭

1人気1着馬不在…。重賞3着内経験馬も不在…。用なしか。

◆前走500万ステップ◆1頭

…。買えない。

◆その他◆1頭

アドマイヤカリブ。休み明けというカテゴリーがそもそも異端だし、上位陣がこれだけ不振なら台頭十分に考えられる。


【型からのアプローチ】

A:休み明け:5.0
B:GⅡ:8.1
C:GⅠ:9.0
D:OP:12.0
E:500万:16.0

◆そもそも人気平均A~C内決着が多く、D、Eの台頭が少ないレース質。かつ6人気以降の3着内馬5頭のうち3頭がリズム○でリズム要素強いGⅠレース。今回A保有の休み明けカテはカテ自体異端でデータブレイカー候補。GⅡカテは人気Bなら占有E、人気Cなら占有Fで補いたいところ。05年に人気A取りながらもゼロだったのは占有率不足。今回は人気B保有ながらも占有Dであり絡んでも1頭か。GⅠカテは人気B以上欲しいところ。01年に人気Bで絡めなかったのは1頭出しが原因か。今回は占有まずまずも人気C。ただ指数的には何とか1頭食い込める余地はある。OPカテ、500万カテは今回敬遠か。

【結論】

◎アドマイヤカリブ
○フサイチリシャール
▲ロジック
△タガノバスティーユ
△ドラゴンウェルズ
☆ダイアモンドヘッド

◎はアドマイヤカリブ。上位層不振の中フレッシュな休み明けで良い。○はフサイチリシャール。無難にローテクリアしているのがこの馬だけなので。均衡気味で勝ちきるイメージは沸かないが。▲はロジック。タフなレースになれば崩れるだろうが、これだけ上位層不振であれば相対的に台頭。△はタガノバスティーユ。好位から競馬して位置取りかけて欲しい。池添に望むのは酷だが。もう1頭の△はドラゴンウェルズ。当初地味と切り捨てたが、近走自分から動く競馬での先行。ペース締まって死んだふりの位置取りなら、2走前に追い込み履歴無くともぶっつけ本番で演じる可能性あるし、NZT凡走巻き返しはこの手のタイプなので。☆はダイアモンドヘッド。ここ2走の不振っぷりはいかにもロドリゴ的な匂いを感じさせる。今回の短縮で変わり身期待。

スポンサーサイト
[ 2006/05/05 23:58 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/107-d7d44ff3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。