スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇賞春 結論 

天皇賞春 GⅠ 京都芝3200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

【ローテからのアプローチ】

◆前走2400m以上GⅡステップ◆9頭

先ず阪神大賞典組。ディープは前走1人気で1着と複勝圏内確定。2着だったトウカイトリックは5人気2着とダミーくさい。凡走ステップはそれだけでマイナスも、鮮度がある差し馬ならそこそこやれるので、ファストタテヤマ、ハイフレンドトライ、アイポッパーを残す。

次に日経賞。前走1人気のリンカーンが無難にローテクリア。

◆前走2200m以下GⅡステップ◆3頭

大阪杯組。鮮度が無いシルクは別として、残り2頭は切れない。特にマッキーマックスはGⅠ初という鮮度カードもち。ローゼンも古馬GⅠ初で鮮度的にまずまず。

◆前走OP◆3頭

トウカイカムカムが鮮度的に良いが、格で通用しないという可能性も十分考えられる。型も良くないので見送り妥当か。

◆前走準OP◆1頭

こちらも鮮度的に魅力だが、格が通用するか否かという点のみ。

◆休み明け◆1頭

鉄砲に強いものの、前年に鮮度使い果たしたので、よほどの外差しになるか、第二のシックスセンスにならないと厳しい。シックス~より体力的に劣るハズでよくて掲示板。

【型からのアプローチ】

OP以下の低人気鮮度もちを狙いたくなるものの、昨年OP絡んだ背景には、OPカテゴリーB保有という裏づけがあった。また、休み明けが絡んだ04年はカテゴリー自体に2頭含まれており、占有率10%越えていた。準OPは指数的にはここ6年で最も良いが、ここも1頭のみのエントリーのため、下からの反発は複数頭必要と考えるので、ここは無難に①②決着濃厚。

【結論】

◎ディープインパクト
○マッキーマックス
▲リンカーン
△アイポッパー
△ファストタテヤマ

◎はディープ。言うこと無し。ここは買ってくれないと困る。○はGⅠ初という鮮度もちのマッキーマックス。前走走りすぎなので馬体重注意。▲はリンカーン。鮮度的な魅力は無く煮えきった感があるが、過去3頭はいずれも古馬GⅠ経験あったので、ここは無難に走る可能性高い。2着よりは3着濃厚だが。△1頭目はアイポッパー。父サッカーボーイで叩き良化型。内枠ほしかったものの、7人気と急落なので。もう1頭の△はファストタテヤマ。こちらも鮮度的には微妙だが、差しに回れば位置取りなので。

ハイフレンドは流石に格で負けそうなので消し、過去6年②の2頭絡みないのでローゼンも消し。ただマッキーマックスが大幅増減あった時はこちらも考える。

◎→○▲→○▲△△ の3連単で。
スポンサーサイト
[ 2006/04/30 00:34 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/103-8d4481b3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。